歯周外科治療|鶴ヶ丘駅・西田辺駅で歯科をお探しの方は大森歯科メンテナンスクリニックまで

重度の歯周病とは

歯周病はプラーク(歯垢)の中に存在している細菌が歯肉を炎症させてしまう病気です。重度になると歯肉の炎症だけにとどまらず、歯を支えている歯槽骨まで溶かしてしまいます。
歯周病治療の基本となるのはラークの増殖を抑制し、歯や歯肉に悪影響を及ぼさないようにコントロールすることです。重度歯周病の治療はそれに加えて、失われた組織の回復が必要になります。治療法も多岐に渡りますので、当院では患者様の要望も含めて総合的に進めるようにしています。    
イメージ画像

重度歯周病の治療法

再生療法

・再生療法とは

再生療法は歯周病によって失われてしまった顎の骨や歯根膜などの組織を再生させるために行う治療です。歯が生えてくるときを同じような環境を誘導薬剤で再現して、組織の再生を促します。

・再生療法の流れ

STEP①
局所麻酔をして、治療部分の歯茎を切開します。

STEP②
歯根面に付着したプラークや歯石をキレイに掃除します。


STEP③
組織が失われてしまった部分に再生誘導薬剤を注入します。

STEP④
切開した歯茎を縫合します。半年~1年かけて再生誘導薬剤が組織を再生し、患者様の体の一部となります。

歯周外科

・歯周外科とは

イメージ画像

歯周外科は中度以上に進行した歯周病に対しておこなう外科処置です。別名フラップ手術とも言い、歯周病が進行している部分の歯茎を切開して歯根面についているプラークや歯石をキレイに除去します。

・歯周外科の流れ

STEP①
局所麻酔をして、治療部分の歯茎を切開します。

STEP②
切開した部分の歯茎を剥離しえ、感染している歯周ポケットの組織を取り除きます。


STEP③
歯根面に付着しているプラーク・歯石を取り除き、場合によっては歯槽骨の形態も整えます。

STEP④
剥離した歯茎を戻して、縫合。自然に歯肉が再生していく経過を観察していきます。

歯周補綴

・歯周補綴とは

イメージ画像

歯周補綴は歯周病の進行によって、グラついている歯を固定する方法です。連結した被せ物を作製し、隣の歯とつなぐことで歯の移動を防ぎます。歯周補綴を行うことによって治療中でも食べ物をしっかり噛むことができ、プラークコントロールも楽にすることが可能です。

・歯周補綴の流れ

STEP 1
歯周病が進行して歯槽骨が溶け始めると、歯がグラグラ動き出します。

STEP 2
歯が動くと自然に抜け落ちてしまう可能性が高くなるので、連結した被せ物を作製し装着します。


STEP 3
被せ物を装着することで隣同士の歯が支えとなり、歯のグラつきを抑えることができます。

STEP 4
プラークコントロールがしやすくなるため、組織の回復が望めます。


重度歯周病の治療例

治療前

治療後


治療後


治療前

治療後


▲ ページTOP